先輩社員紹介

true

特別養護老人ホーム

H・R(22歳)

出身:浦和大学  短期大学部 介護福祉科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    介護職。

    入所者様の食事・入浴・排泄等の介助をやらせて頂いていますが、何でもかんでも介助してしまうのも、その方の¨出来ること¨を奪ってしまうことになるので、その方にとって難しいことだけをお手伝いする形で関わりを持つように心がけています。車いすのフットレストに足を乗せる際、声掛けすることで自分で乗せることのできる方と、こちらで介助する場合とがありますが、どちらも、教えてくれて¨ありがとう¨乗せてくれて¨ありがとう¨と、感謝の気持ちを伝えてくれます。介助する側もされる側も、とても気持ちが良く、喜びに繋がっています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    心を開いていないように感じていた入所者様が話しかけてきてくれたこと。

    入社して間もない頃、ある入所者様に話しかけたり介助を行ったりしても、会話が続かず、表情も硬くて距離を置かれているように感じていました。新しい職員が来て、まだ日も浅かった為、警戒している部分もあるのだと思うようにしていました。しかし、段々と私も、その方と関わる事に一呼吸置かないと話しかけられないようになり、苦手意識を感じるようになりました。先輩職員に、最初はまず自分をアピールして売り込むことだと教えて頂きました。基本の土台となる、信頼関係があって初めてケアを提供するのだと再確認し、積極的に関りを持とうとしました。2か月程が経つと、気付けば入所者様から話しかけて頂いたり、私も躊躇なく話しかけたりと、自然に打ち解けていると感じました。今では可愛がってくれたり、労いの言葉をかけて頂いたりもします。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    部署がたくさんあり、働きたい所と働いてみたい所があった。

    私は、ユニットケアの施設で働きたいと思っており、この会社にはユニットはもちろん、デイサービスやグループホーム、訪問介護など、幅広い部署があることに注目しました。施設サービスだけでなく居宅サービスもあり、また地域包括支援センターも設置されていることから、地域での活動や受けられるサービスなど、豊富な知識が得られると思い、この会社に決めました。

これまでのキャリア介護職(現職・今年で3年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

自分に合う合わないもあると思いますが、その経験が無駄になる事は決してないと思います。仕事をしてる中でやりたいことが見つかるかもしれないですし、ふとしたきっかけでいくらでも変わることは出来ると思います。焦らずに、自分の進みたい道に向かって歩んでください。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

他の先輩社員を見る

  • 介護職員

    true

    地域密着型特別養護老人ホーム

    A・S(23歳)
    東北公益文科大学  公益学部公益学科 卒
  • 生活相談員として入居者の相談に応じるなど生活をサポートしています

    true

    ケアハウス

    S・S(27歳)
    東北福祉大学  総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科 卒
  • 「介護職」 食事、入浴等日常生活においてお手伝いが必要な部分の支援

    true

    地域密着型特別養護老人ホーム

    S・A(27歳)
    長谷柳絮学園  介護福祉科 卒
  • 入所者の日常生活を支援すること

    true

    特別養護老人ホーム

    S・Y(28歳)
    羽陽学園短期大学  専攻科福祉専攻 卒
  • 介護職。施設の設備の管理や環境整備、入居者の体調管理など。

    true

    ケアハウス

    H・R(28歳)
    東北公益文科大学  公益学部 公益学科 卒
連絡先:
社会福祉法人友和会
〒998-0862
山形県酒田市曙町2丁目26-1
採用担当 池田
電話:0234-26-7788(サン・シティ本館)
Eメール:yuwakai-honbu@solid.ocn.ne.jp